終活は親の振り見て我が振り始め

  終活を意識するのは、親の心配をし始める40代からということが多いようです。 しかし、40代にとっての親すなわち60代後半から70代という前期高齢者が当事者として終活を考えることはもちろん、せっかく関心をもっ […]

働き盛りのパートナーが起きてこなかった朝というリアルなシーンを描いた漫画が教えてくれること

  明日、起こるかもしれない現実。 でも、そうありたくない、そうならない明日であってほしいという気持ちで生きている、というのが事実でしょう。 しかし、これは決して、そう思っていないから起こらないというものではな […]