働き盛りのパートナーが起きてこなかった朝というリアルなシーンを描いた漫画が教えてくれること

 

明日、起こるかもしれない現実。

でも、そうありたくない、そうならない明日であってほしいという気持ちで生きている、というのが事実でしょう。

しかし、これは決して、そう思っていないから起こらないというものではないことを、私たちは傍観者ではなく、当事者意識をもってとらえておくべきだと思います。

こうした現実をアップしてくれたことに感謝するとともに、「では、なにを考えるべきか」に転化して、ご冥福を祈る代わりとさせていただければと思っています。

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください