カテゴリー: メンタルヘルス

「弱音をはく勇気」は心のケアに重大な影響を与える武器になるかもしれません

  「いまどきの若いもんは……」というおじさん世代の若手に対する評価はいまに始まったことではないでしょう。 しかしながら、最近はここに「メンタルの弱いゆとり世代」といった偏見が加わり、おじさん世代の若者評価の下 […]

相手の目を見て話さなくても礼に反しないという認識も必要です

  多くの日本人が、学校などで「話をするときは相手の目を見なさい」と教えられたのではないでしょうか。 相手の目を見ずに話すと誰に話しているかがわからないだけでなく、相手に不快な感情をいだかせてしまうので、それを […]

いじめや嫌がらせは“見えない糸”を解かなければならないので探偵の協力も視野にすべきかも

  学校のいじめ問題について、探偵が介入してようやく解決の糸口をつかむことができたという、なかなかスリリングなレポ記事。     いじめや嫌がらせはある日突然、発端もはっきりしないまま、日常 […]

「ひきこもり新聞」にフォーカスした紹介記事自体がひきこもっていた件について

  ひきこもっていた側の心情にフォーカスした記事があったので、紹介しましょう。 10年間ひきこもった経験のある編集長を筆頭に、当事者と経験者だけでつくる「ひきこもり新聞」が今月、創刊1周年を迎えた。自分たちと思 […]

自分を三人称で語ることによって感情が楽になることを心理学的な実験が証明しているそうです

  自分の感情をコントロールする方法はなかなか難しいですね。 腹が立つことがあったから瞑想して自分をいさめようとしても、思い浮かぶのは腹が立ったことばかりというのは、皆さんも経験があるのではないでしょうか。 ミ […]