低所得子育て世帯への5万円給付 6月から【人生の管理とお片付けのニュース・ピックアップ】

低所得子育て世帯への5万円給付が6月に始まるというニュースについて、MXテレビ「モーニングフラッグ」を参考にまとめてみました。

ニュースの概要

物価高騰対応の緊急対策に盛り込まれた低所得の子育て世帯に対する子ども一人当たり5万円の給付について、厚労省は6月から順次開始すると発表した
しかし自治体の準備状況によって開始時期に差が出る見通し
給付の対象は原則18歳以下で、受け取りが最優先されるのは児童扶養手当を受給する1人親世帯(申請不要)
また、住民税非課税で両親がいる世帯も対象となり申請不要
一方で、直近で収入が減少して新たに対象となる子育て世帯や、子どもが高校生のみの世帯も対象となるが、申請が必要

まとめ

プッシュ型の支援策で、一部が拡充された印象を与えようとしていますが、中身はまだまだ現実に追いついていないようです。
「住民税非課税」の世帯、「両親がいる世帯」も対象となったことはアップデートと言えるかもしれません。
こうした議論が「18歳成人」の制度導入と関連付けて議論されないことにも、視点の狭さを感じてしまいます。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください