【終活情報】老後資金は増やすのではなく減らさないがポイント

先立つには先立つものが必要という話。

家賃光熱費で月10万円、1日の食費を2,000円として月に6万円、財布にあった4万円が月末にはなくなっているという生活ならば、年間の支出は240万円。

記事では「貯金1000万円が5年後に」とありますが、おそらく5年もたない、というのが現実でしょう。

と、現実を認識してからじゃないと、こうしたマネー関係のノウハウは身につかないと思います。

資金ショートを回避するには、支出の何%分を補填して、5年をいかに引き延ばしていくかを考えるべきです。

記事では「へそくり」と称して、分割管理で「見えなくしておく」方法を紹介していますね。

積立や天引きなどがこれにあたります。

しかし、これは現役の収入が合ってこその考え方。

リタイアしたタイミングでは使えない手なのですね。

そこで焦って、1000万円を元手に投資をしようとするから、元も子もなくして仕舞いがちなのです。

大きく儲けるのではなく、消費分の何%かを補填していく、というローリターン手法こそが、老後の安定に欠かせないのではないかと思っています。

このサイトでは、こうした方針で投資の【終活情報】も取り上げていきたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください